安全への取り組み|〜引越しをするならサカイ引越センターへ!〜引越しが決まった!何からしたらいいの?そんな方はサカイ引越センターで引っ越しを。

フリーダイヤル:0120-00-1141
受付時間 午前8:00~午後7:00
年中無休(年末年始を除く)

会社情報

安全への取り組み

輸送の安全に対する基本方針

  1. 1当社は社是を経営理念として事業活動を行なっておりますが、運送事業に携わる当社にとりましては、何よりも「輸送の安全確保」が事業経営の根幹をなすものである事を深く認識し、社長自らが全社的安全性向上のための取り組みを主導いたします。 さらなる安全品質の向上 代表取締役 田島哲康
  2. 2「一人ひとりカケガエノナイひと」を安全キャッチフレーズに、全社を挙げて安全意識の徹底と関係法令の遵守を継続し、運行の品質向上に努めます。それとともに、現場の声を継続的に安全性向上等に反映させ、安全管理体制の構築と安全風土、安全文化の定着に努めます。
  3. 3当社の社会的責任を自覚し、その実現のため、安全に関する情報につきましては最大限、積極的に公表いたします。

輸送の安全に対する組織体制及び指揮命令系統

輸送の安全に関する体制図

事故・災害等に関する報告連絡体制

事故・災害等に関する体制図

安全統括管理者・安全管理規程

安全統括管理者 専務取締役 中野 秋代

安全管理規程PDF(14KB)

輸送の安全に関する内部監査について

  1. 1運輸安全マネジメントの実施状況等を確認するために、年に一度、運行管理及び安全教育、関係書類の記録状況等について内部監査を実施いたします。
  2. 2重大事故等が発生しました場合は特別監査を実施し、事故要因、背景等について調査し、再発防止に努めます。

輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況
自動車事故報告規制第2条に規定する事故に関する統計

目 標 実 績
重大事故ゼロ 平成27年度 第一当事者 → 5件

輸送の安全に関する予算等の実績額

年度 平成27年度実績 平成28年度計画
項目
  • 新型セーフティーレコーダー搭載
  • バックアイカメラ搭載
  • デジタル無線搭載
  • アルコールチェッカー導入
  • ドライブレコーダー導入
  • ソナー機能搭載車両導入
  • 運転記録証明書取得
  • 事故撲滅キャンペーン費用
  • モービルアイ取付(衝突防止システム)
  • 安全教育研修実施(ドライブシミュレータ)
  • 衝突防止システム搭載車両導入(タント)
  • 新型セーフティーレコーダー搭載
  • バックアイカメラ搭載
  • デジタル無線搭載
  • アルコールチェッカー導入
  • ドライブレコーダー導入
  • ソナー機能搭載車両導入
  • 運転記録証明書取得
  • 事故撲滅キャンペーン費用
  • モービルアイ取付(衝突防止システム)
  • 安全教育研修実施(ドライブシミュレータ)
  • 衝突防止システム搭載車両導入(4t車輌)
合計 182,573,112円 27,376,200円

輸送の安全に関する重点施策

1. 重点施策
(1)セーフティーレコーダー
全車両に導入し、急ハンドル、急ブレーキ等を点数化することにより、運転技術の向上を図っています。また、点数をA~Eのランク付けをし、低ランク者を是正することでさらなる運転技術の底上げを行っています。
(2)モービルアイ(衝突防止システム)
モービルアイ(衝突防止システム)を導入し、事故防止に努めます。
(3)ヒヤリハット
各個人が経験したヒヤリ・ハットの情報を共有し、その原因、対策をみんなで考えることで、事故発生を未然に防止する。
(4)事故撲滅キャンペーン
3・4・8・12月の繁忙期に事故撲滅キャンペーンを展開しています。
(5)支社目標設定
全社的なモチベーションの向上を図り、自主的な支社目標を設定し、重大事故ゼロを目指します。
重点施策
2. その他の施策
  1. (1)全運転手が6ヶ条の事故撲滅の誓いを毎朝唱和し、安全意識の向上を図っています。
  2. (2)事故事例を社内で公表し、全運転手に再発防止の注意を呼びかけています。
  3. (3)事故惹起者に対しては直ちに研修を行い、再発防止に努めています。
  4. (4)初任運転手に対しては添乗指導を行っています。
  5. (5)安全運行月間標語を掲げ、安全運転への啓発活動を行っています。
  6. (6)全運転手の運転記録証明書を取得し、事故、違反の実態を把握、運転指導に活用しています。
  7. (7)運転適性診断を初任診断のみならず一般診断も3年に1回の受診を徹底しています。
  8. (8)年初に無事故運転者表彰を行い、安全意識の啓発を図っています。
  9. (9)法令点検の実施を確実に行い、車両トラブルを未然に防ぎます。
  10. (10)ドライブレコーダーの事故映像を教育・指導に活用し、事故防止に努めています。
  11. (11)運行管理者/補助者の3人体制の徹底。
  12. (12)デイライト走行の実施。
  13. (13)ソナー機能搭載車両の導入により、衝突事故を未然に防止します。
  14. (14)疲労蓄積度自己診断チェックリストを実施し、適宜産業医の指導を受けています。
その他の施策

輸送の安全に関する教育及び研修の計画

全社統一安全運転講習年間計画

実施月 教育内容(毎月運転者安全講習理解度テストの実施)
4月 トラックを運転する場合の心構え
5月 トラックの運行の安全を確保するために遵守するべき基本的事項・日常点検
6月 トラックの構造上の特性
7月 貨物の正しい積載方法
8月 過積載の危険性
9月 危険物を運搬する場合に留意すべき事項
10月 適切な運行の経路及び当該経路における道路及び交通の状況
11月 危険の予測及び回避
12月 運転者の運転適正に応じた安全運転
1月 交通事故に関わる運転者の生理的及び心理的要因及びこれらへの対処方法
2月 健康管理の重要性
3月 実施なし
輸送の安全に関する教育及び研修の様子